妖怪ウォッチザ・リアルのお土産

こどものいる家庭なら「妖怪ウォッチ」のおもちゃは一つや二つは大抵あると思います。
妖怪ウォッチのお土産はおそらく何かしら関連したおもちゃの可能性が高いですね。

対象が小学生以下の子どもなので、USJでは子どもが欲しがるようなお土産を沢山取り揃えていると思われます。

そういったお土産を買うのはいいのですが、自宅が妖怪ウォッチだらけになるのが悩みの種ですよ。

今の時点で具体的なものは発表されていませんが、イベント開催されれば、徐々に明らかになってくるでしょう。



妖怪ウォッチのおもちゃといえば、うちにはすさまじい程の妖怪メダルがありますよ。

今は「おみくじバトル」にハマっていて、こどもよりも嫁がかなり熱心で、メダルにあるQRコードを読み込んで、パソコンのWEBサイトやショッピングセンターなどで大吉メダルを手に入れるため、毎日熱心に勤しんでいます。

QRコードを読み込むメダルが足らなくなったら、リサイクルショップのようなところで、中古のメダルを買ってきて、QRコードを読み込ませ、またまたおみくじバトルに応募しております。

その甲斐あってか、すべての大吉メダルをゲットしているみたいです。

僕はほとんど口をはさみませんけどね。

何のことかわからなければ、この辺は読み飛ばしてください。

わかる方は多分「うんうん」とうなずいて頂いていると思います。





もちろん、妖怪メダルの他に妖怪ウォッチDXや零式は、去年の早い段階で入手しております。
ぬいぐるみだってありますよ。ジバニャン、コマさん、コマじろうなど・・・

今は息子はリアルおもちゃではなく、3DSの「妖怪ウォッチ真打」をやっていますね。


こんな感じで、妖怪ウォッチに関するグッズがたくさんありまさに生活すべてが「妖怪ウォッチ一色」と言った感じです。


ちょっと私事になってしまいましたが、そのお土産の中で、
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの「妖怪ウォッチザ・リアル」の限定グッズというのも当然ありますよね。

そういったものはプレミアがつくことが多く、将来、大変貴重なものになるかもしれません。

自分へのお土産として買うのもありですし、贈り物として買うのもありだと思います。

イベント自体、まだ開催されていませんので、どういったグッズが販売されるかはまだわかりませんが、現在、妖怪ウォッチ限定フードが公開されています。




暑い時期なのでかき氷や、ドリンクを保冷するためのドリンクホルダ、
あとは、妖怪ウォッチのカレーハウス「ナマステ」でカレーが食べられる限定フードです。

USJのこういったフードは値段が多少高く感じますが、入っている容器の品質やこだわりが非常に高いので、容器などの付帯物そのものに価値があると思います。

ですから、それ自体がお土産になったりもします。


例えば、僕は今年の5月にUSJへ家族で行ってきたのですが、ポップコーンの入ったミニオンを買ったんですね。

ポップコーン自体も美味しいですが、容器のミニオンがとても愛くるしく、可愛らしいので
父親である僕が気に入ってしましました。
実は3ヶ月ほど前、ミニオンの映画を映画館で子どもと一緒に見に行った事があるんです。

なので、なおさらミニオンに親しみを感じていて、自宅に持ち帰った後、自分の部屋に置いているくらいです。


こういったフードについてくる容器やおまけなども、立派なお土産になるので、しっかりと持ち帰るといいですよ。


posted by ケータ at 15:29 | 妖怪ウォッチ ザ・リアル