【11月から無効】不正転売チケットは要注意!!



USJ(ユニバ)の運営会社は2015年11月から不正に転売されたチケットを無効にするというニュースが入ってきました。
<USJ>不正転売チケットは無効に 11月から

記事によると、ネットオークションでUSJの人気アトラクションの待ち時間を短縮できる「エクスプレスパス」などが高値で取引されており、公正にチケットがいきわたらないことを防止するため、監視を強めているとのこと。

チケットの転売は昨年7月にオープンした「ハリー・ポッター」エリアがオープンしたころから増加し、同一人物がチケット発売開始直後、大量に買うなど不審な点があることから、そのようなチケットのQRコードを無効にするらしい。
チケットには番号が振り分けられており、不審な購入チケットは把握しているという。

基本的にUSJはチケットの転売をWEBチケットストア利用規約で禁止しており、今まで個人の間でのやり取りは黙認していた状態。


今年上半期の売り上げが過去最高を記録したUSJにとって、年間10億円にも及ぶチケット転売は悩みの種だったに違いありません。

USJ決算、過去最高益に 「ハリポタ」好調





大量の不正転売のために、一般の人が買えない例もあることから徹底的に対策を進めていくというのが監視チームの見解です。

このことから、今後ヤフオクやチケット売買サイトでの購入は難しくなることが予想されます。

ただ、正規で入手したスタジオパスでも、入場する日付指定されているのが私たち消費者にとっては悩みの種。

基本的にキャンセルや返金もできないことから予定していた日に行けなくなった場合などの救済措置がないのが問題です。
※一部で日付変更できる場合があります。その場合手数料として一枚につき200円必要です。
※日付変更できないチケットもあります。

そういったときに活用できるのがネットオークションなどの転売でした。

みすみすチケット代をドブに捨てるくらいなら、安くてもいいから他の人に使ってほしい。

そういった願いもあってオークションを利用してきたのですが、転売を一切禁止してしまうと、消費者としては泣き寝入りするしかないのでしょうか?

せめて、「不正な」チケットだけの転売禁止にしてほしいものです。

PS
当ブログはUSJ(ユニバ)のスタジオ・パスが少しでも安く手に入る方法を紹介しています。
安く購入する方法のひとつに「転売」という手法は欠かせません。
今のところ、特定の人気アトラクションの「エクスプレス・パス」が取り締まりの対象になるようですが、不正なチケット転売でなければ、オークションなどで引き続き売買できるよう、今後の進展に注視していきたいと思います。

>>スタジオ・パスを激安で購入する方法まとめ



以下参考


USJ公式サイト
転売されたチケットのQRコード無効化について

※購入したすべてのチケットは、購入後のキャンセルはできません
キャンセルについて

※一部のチケットは入場日が変更できます
入場日の日付変更について


※チケットのキャンセル、日付変更について全般
http://www.usj.co.jp/ticket/guide/




USJ(ユニバ)関連ニュース