【4人で1泊12,000円/子ども連れOK】ユニバーサル・スタジオ/ゲストハウス激安宿泊レポ♪(格安ホテル)

年間パスポートを購入したのはいいけど、USJまでびみょ〜に遠い僕の自宅からだと頻繁に行けないのがつらいところ。

なんとか日帰りはできないこともないですが、早朝出発の深夜帰宅では心身共に非常に疲れるし、そもそも体力のない、小さい子どもにはちょっとかわいそうかな、とも思います。

かと言って、毎回ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のオフィシャルホテルに宿泊していてはお金がいくらあっても足りません。

そこで僕は今まで、USJ周辺のビジネスホテル等の安いところを利用していました。
例えば、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンから一駅離れている【シンプルハートホテル大阪】がそうです。

以前に、このシンプルハートホテル大阪に宿泊した時の体験レポを書いたことがあります。
USJ周辺のビジネスホテル(シンプルハートホテル大阪)に泊まってみた

ですが、その【シンプルハートホテル大阪】よりもさらに安く宿泊できるところを見つけたんで、早速利用してみました。

その宿泊施設というのは「ジェイホッパーズ」というところ。
家族4人で合計12,000円で泊まることができました。




>>ジェイホッパーズ大阪ユニバーサルの詳細はこちら


ジェイホッパーズはホテルや旅館とは違って、ゲストハウスなんです。
※ゲストハウスとは
ゲストハウスとはホステルとも言われ、旅館やホテルなどで利用できるアメニティーサービスが省かれた素泊まりの宿泊施設。食事の提供はありませんし、布団を敷いてくれるサービスもありません。
その代わり、宿泊費用が非常に安く抑えられ、食事は共同キッチンで自炊することができるので、最小限の費用で旅行することができます。他の宿泊利用者やスタッフの方と交流を深めることができるアットホームな雰囲気も魅力の一つ。


ジェイホッパーズ大阪ユニバーサルの場所はUSJまで1駅の距離にあり、シンプルハートホテル大阪のすぐ裏にあります。




ジェイホッパーズのようなゲストハウスは、昔からあるユースホステルをイメージしていただけるとわかるかと思いますが、アメニティーサービスなどを省いた素泊まりの宿で、とにかく料金が安いのが魅力。

海外ではバックパッカーが利用する宿として人気ですし、日本でもお金のない大学生がよく利用していると思います。

かくいう僕も大学生の時にはお金がなかったですから、ユースホステルを利用して旅行していた記憶があります。

そうした人に向けて、気軽に宿泊できるのがゲストハウスなんです。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの近くにも、そうしたゲストハウスができたので、今回USJへ行く計画を立てたときに、試しに利用してみた次第です。
予約した人数は4人で、幼児3歳、小学5年生、嫁と僕を含む家族4人です。




小さい子どもがいる家庭にとってトイレ、シャワーが共同なのはどうなのか?

ジェイホッパーズ大阪ユニバーサルはゲストハウスです。
ですからトイレ、シャワーが共同です。
そうした状況で、うちのような小さい子どもがいる家庭が宿泊したらどうなるのか?
その、僕なりの感想と施設のレビューを書いてみようと思います。

----------------------------
今回予約した部屋は1部屋で、2段ベッドが2つある部屋です。そこに家族4人で宿泊しました。
(単身の場合はさらに格安に泊まれる共同部屋もあります。ただ、共同部屋が嫌な方は1部屋をまるっと借りる事ができますが、その代わり料金が多少割高になります。)

1部屋を家族で使えるので、他人と相部屋ということではありませんから気兼ねなく泊まれたのはいいのですが、小さい子どもがいるとやはり何かと不便なこともありました。

まず、トイレ。

ゲストハウスなので部屋にはトイレがありません。
ですから、毎回、共同トイレまで部屋を出入りしないといけません。それがちょっと面倒だったです。

お父さんが子どもをトイレまで連れて行くのは問題ありませんが、お母さんがすっぴんのまま子どもをトイレまで連れいていくのはちょっと抵抗があるかもしれませんね。

もちろん、シャワーだって同じこと。

お母さんとしては、すっぴんのお顔を他人に見られるリスク?(笑)があります。

でも実際に泊まってみてわかったんですが、他の女性の宿泊客は普通にすっぴんでロビーをウロウロしていましたよ。

それが当たり前の空間なので、変に気を使うこともないのかなとも思いました。

それに、基本、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで楽しむのが目的なので、宿泊する日は夜遅くにチェックインしますし、翌朝は早朝にチェックアウトしてUSJへ行きますから、他の宿泊客と対面するようなことも少なかったです。

ですから、別にトイレ・シャワーが共同だからといって、それほど気になるようなこともないかな、と感じました。

ということで、ここからは実際に宿泊した時に、建物内外を写真に撮ってきたのでレビューしてみようと思います。



ジェイホッパーズ宿泊体験

まずは外観から。

パット見でアパートか、どこかの企業の社宅のような作り。
前の道を通り過ぎただけではゲストハウスだとは分かりません。
看板が出ているのでそれとなく分かる程度です。


建物の前のちょっとした場所が駐車場になります。


エントランス入り口はここから入ります。


ちなみに傘は自由に使っていいそうです。


エントランスです。


中に入ると受付でまずチェックインします。
受付の前にはテーブルやソファーがあり共有スペースになっています。


共有パソコンもあります。


子ども連れには嬉しい、ちょっとしたキッズスペースがあります。




ちなみに夜には映画やアニメが上映されていました。




内容はリクエストが可能。
自分たちだけならスタッフの方に見たいチャンネルを相談してみましょう。

廊下はこんな感じ


僕が宿泊した部屋はこんな2段ベッドが2つある部屋でした。
大人目線でみるとなんとも味気ない部屋ですが、子どもからしてみると楽しく面白い部屋だと思います。うちの子どもも大喜びでした。


電源は各ベッドの横にコンセントが2つありますので、スマホや携帯ゲーム機などの充電には十分すぎるほどの数があります。


ちなみに相部屋だとこんな感じのお部屋です。
まるでカプセルホテルのようですね。




シャワー室です。


アメニティーがないとは言え、ボディーソープとリンスインシャンプーは備え付けてありました。


洗面台です。
一応、ドライヤーは各台にあります。


受付横の共同キッチン


コーヒー、紅茶、緑茶は自由に飲めます。


ただ、カップが共同のものなので、それを使うのが嫌なら紙コップを持っていったほうがいいかもしれません。


冷蔵庫です。


中はと言うと、宿泊利用者のものと思われる、大量の食料や飲み物がは入っていました。
マジックペンがありますから、間違わないようそれぞれ名前が書かれていました。




と、こんな感じで建物の内装はとても近代的できれいです。

僕が今回、このジェイホッパーズ大阪ユニバーサルに泊まってみて一番印象に残ったのは、やはり二段ベッドですね。
僕にとって二段ベッドというのは大学生のころにユースホステルに泊まった時以来ですし、なにより思い出深いのは、小学生のころに少年自然の家で宿泊研修をした時の、懐かしい思いにふけることができたことです。

ジェイホッパーズ大阪ユニバーサルのようなゲストハウスに泊まる人というのは、
・宿泊費をとにかく安く抑えたい
・アットホームな雰囲気の宿泊施設が大好き
という目的であれば、とても面白いと思いますよ。

良かったら一度、話のタネに泊まってみるといいかも。

ジェイホッパーズ大阪ユニバーサルの詳細はこちら

posted by ケータ at 22:38 | USJのホテルに泊まるには